沖縄観光情報:沖縄では食べられる!?「ヘチマ」

沖縄では食べられる!?「ヘチマ」

post : 2013.08.19 12:00

ヘチマ!沖縄では食べ物なんです。
たわしで使うなんてとんでもない。
ヘチマは沖縄の方言で、「ナーベーラー」(アクセントはナー(→)ベー(→)ラー(→))と言い、
美味しくて健康にも良い、沖縄を代表する野菜の一つです。

夏が旬のヘチマ。沖縄では今の時期、スーパーや野菜市場で手軽に手に入ります。

最も代表的な料理が「ナーベーラー味噌煮」
皮をむいて輪切りにしたヘチマと沖縄の木綿豆腐(島豆腐)、ツナ缶やポーク缶(スパム等)を入れて
味噌で煮込むだけのシンプルな料理ですが、ヘチマの甘味が感じられてとても美味しいですよ!

ヘチマは非常に水分が多く、自分の実から水分を出して煮込むので、
これまた沖縄方言で「ナーベーラードゥージルニー」とも呼ばれます。
●ナーベーラー=ヘチマ ●ドゥージル=自分の汁 ●ニー=煮込み
ちょっと変な名前ですね(笑)

またヘチマは葉酸やビタミンK、カリウムなどの栄養素を豊富に含んでいます。
カリウムには塩分の排出を促進する働きがあるので、高血圧の予防効果や利尿作用があると言われています。

 
美味しくて健康的なヘチマ、知れば知るほど好きになります。
というわけで、今回は最後の晩餐で食べたい料理は「ナーベーラー味噌煮」と言うほど
ヘチマ好きな沖縄CLIPライターの知念がお届けしました!
(文中のナーベーラー味噌煮は、私が張り切って作りましたよ~♪)

沖縄CLIPフォトライター 知念 玲奈(0173)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information