沖縄観光情報:【閉店】OKINAWAPOWERSTATIONampでメイド・イン・オキナワの食とアートを愉しむ

【閉店】OKINAWA POWER STATION ampでメイド・イン・オキナワの食とアートを愉しむ

post : 2014.07.10 12:00

OKINAWA POWER STATION ampは、2014年9月30日をもって閉店しました。(2015/5/27追記)

 

白とガラスを基調にしたスタイリッシュな空間に

沖縄で暮らす14人のアーティストの商品が並ぶ

OKINAWA POWER STATION amp(アンプ)。


 

沖縄に眠るチカラを、見つけて集めて最大にする

「MAX!MIX!オキナワヂカラ」というコンセプトのもと、

駆け出しの作家や、気鋭の若手の作品を中心にセレクトされています。


 

たとえば、陶芸家・中村かおりさんの作品は、「鋳込み」という技法でつくられた、

光に透けるほど薄い陶器。手に取ると驚くほど軽く、中村さん自身が溺愛しているという

乳白色とあいまって、マシュマロのような不思議な質感です。


 

同じ陶芸でも、国吉真由美さんの作品は「まんがん」という天然の釉薬と

サンゴのかけらを使った絵付けが特徴。

どっしりとしたフォルムは、原始の風を感じさせます。


 

上写真の左は、画家の平岡昌也さんの「雲雨(うんう)」という名前の絵画です。

平岡さんの絵はすべて同じ名前で、

恵みの雨が降ってほしい場所を、心をこめて塗り上げているという背景に、

雨粒を表現した突起物が重なったユニークな作品群。

右隣にあるのは、染色作家の勝野久美子さんが和紙に型染めした椿の花です。


 

いわゆる"二次元"の女の子が描き込まれた

戸村勇気さんの異色のやちむんは、すごい存在感!


 

ファッションデザイナーの宜野座順子さんや田畑あす香さん、

田中みどりさんの洋服たちは、どれも色づかいが鮮やかで、

南国の自然の極彩色を感じさせます。


 

フード&ドリンクは、沖縄の食材にひと工夫くわえたオリジナルメニューがずらり。

お茶をするなら、オススメはハイビスカスレモネードです。

100%宮古島産の無農薬ハイビスカスを使用した「Beni」というシロップに、

フレッシュレモンを絞ったオリジナルドリンクで、ほのかなピンク色と

絶妙な甘酸っぱさ、ワイングラスにぶつかるクラッシュアイスの音が

夏のひとやすみに涼感をあたえてくれます。


 

軽食のピタサンドやパスタ、サラダ、ごはんものにも、

県内の自然農家がつくった旬の野菜やフレッシュハーブ、近海産の魚介、

あぐーベーコンにやんばる鶏ハムが使われています。

 

BGMも県内のミュージシャンの音で構成された、

まさに"オキナワヂカラ"満載のスペースなのです。


 

また、ampでは、電気バイクの無料貸し出しもしています。

屋根に載った太陽光発電の電気で走る電気バイクを借りて、

那覇散策の拠点にするのもいいかもしれません。

 

場所は、国際通りのつき当たりにあるゆいレール「県庁前」駅から

1駅の「旭橋」駅から徒歩5分。

「旭橋」駅は、「那覇空港」駅までも11分で到着できる便利さなので、

空港への帰りがけなどに、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

OKINAWA POWER STATION amp [アンプ]

住所/沖縄県那覇市東町7-1 (東町郵便局隣)

電話/098-988-9695

営業時間/11:00-20:00(L.O.19:30)

     日曜のみ 11:00-18:00(L.O.17:30)

定休日/火曜日

wi-fi/free

WEBサイト/http://okinawajikara.com/

Facebook/http://fb.com/amp.okinawajikara

 

OKINAWA POWER STATION ampは、2014年9月30日をもって閉店しました。(2015/5/27追記)

 

沖縄CLIPフォトライター 浅倉彩

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

那覇市東町7-1