沖縄観光情報:八重山の伝統行事「豊年祭」

八重山の伝統行事「豊年祭」

  • イベント
  • 1875
  • Clip

post : 2014.07.20 21:00

1年の豊作、豊穣に感謝し、来夏世(くなつゆ)の五穀豊穣を祈願する豊年祭。八重山では、約20の地域でそれぞれ特徴のある豊年祭が行われます。老若男女が参加し、地域を挙げて行われる一大行事なのです。

 

多くの豊年祭で見られるのは、威勢のいいかけ声とともに青空にはためく旗頭(はたがしら)、鎌と長刀を持った武者が闘う勇壮なツナヌミン、幸福をもたらすとして崇められている、ミルク神を迎えた行列。最後に行われるのが、大勢の人たちが参加する大綱引き。八重山の鮮やかな夏に、さらに彩りを添えます。

 

舟漕ぎ競漕や、男性がとても大きな石を担ぐ儀式があるところもあれば、これらのなにもない、その地域でしか行われない内容のものまで、実に多様です。

 

 

【宮里海岸で行われる黒島の豊年祭】

 

 

 

豊年祭では珍しい舟漕ぎ競漕があります。海をバックに、ミルク行列や舞踊、棒術なども。

 

 

【八重山で一番規模の大きい、四カ字(しかあざ)の豊年祭】

 

 

 

石垣島の中心街、新川、石垣、大川、登野城の4つの字の豊年祭。1日目にはそれぞれの御嶽(うたき)で、棒術や獅子舞などの奉納芸能などが行われ、2日目は、新川にある御嶽に集結し、大勢の人が訪れ、ツナヌミン、大綱引きなどが盛大に行われます。

 

 

 

暗くなると、響く指笛とゆらめく松明の炎が、わくわく感と緊迫感とが入り混じる祭りのムードをさらに盛り上げます。

 

 

【石垣島 白保】

 

 

 

八重山の豊年祭で唯一、「おもしろい」と言われる白保の豊年祭。名物は、稲の播種から収穫までの過程を表現する行列「稲の一生」。行列参加者の中には、女装している男性もいれば、顔を白塗りして化粧している人もいたり、集落の住民総出で、賑やかに繰り広げられます。ミルク行列、旗頭、大綱引きなども。

 

 

【石垣島 大浜】

 

 

数々の奉納芸能、ツナヌミン、大綱引きなどが執り行われます。

 

 

【与那国島 祖納】

 

 

与那国ではなにごとも、太鼓でその場所を清めてから演目が行われます。奉納芸能や旗頭、与那国ならではのドゥンタという巻き踊り、そして、2年に一度大綱引きが。賑やかに行われ、見学者も多い地域がほとんどですが、日程や祭祀の内容も関係者にしか知らされない秘祭もあります。

 

写真で紹介したものはどこも、観光で来た人たちも見学しやすい豊年祭です。島の生活に根付いた、昔から続く行事をぜひ見てみてくださいね。

 

わたしは毎年、男の人たちが旗頭をあげているかっこいい姿に釘付けです。今年も何ヶ所の豊年祭を見にいけるか楽しみです!

 

 

沖縄CLIPフォトライター 笹本真純

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information