沖縄観光情報:第59回沖縄全島エイサーまつり完全レポート!

第59回沖縄全島エイサーまつり完全レポート!

  • イベント
  • 15
  • Clip

post : 2014.08.26 21:00

この記事は、2014年に開催された「沖縄全島エイサーまつり」のレポート記事です。次回は2017年9月17日(日)に開催予定です。詳しくは、記事の最後でご紹介しています。

 

 

“エイサーのまち”沖縄市で、エイサーの祭典『第59回沖縄全島エイサーまつり』が

8月15日(金)から3日間開催され、31万人もの見物客が訪れました!


 

初日の前夜祭は、『道じゅねー』。

本来道じゅねーとは、旧盆の晩に路上でエイサーを躍りながら練り歩くこと。

沖縄市の国道330号線とコザゲート通りが交差する胡屋十字路周辺を通行止めにして行われました。

 

沖縄市内の青年会8団体と宜野湾市、浦添市からそれぞれ1団体ずつ参加があり、

合計10団体の青年会エイサーの隊列が、道のド真ん中を行進しながらエイサーを演舞しました。

また、固定会場も別に設けてあり、そこでも8団体が演舞を行いました。


 

その光景は、旧盆の行事として行われる本来のエイサーさながら。

まさに、旧盆の「道じゅねー」の雰囲気を感じることができました。


 

エイサーまつりの中日は、『沖縄市青年まつり』(主管:沖縄市青年団協議会)が開催。

沖縄市内の12団体の青年会エイサーを中心に演舞が繰り広げられ、

ゲストはうるま市の平敷屋(西)が出演。

次世代からは沖縄市立山内小学校も参加しました。

 

旧盆中にすべての各青年会のエイサーを巡ろうと思っても難しいところを、

このまつりでいっぺんに観ることができるのが魅力でした!


 

そしてエイサーまつり最終日は、各地域の伝統エイサーのほか、

創作エイサーの琉球國祭り太鼓の演舞も観られるという、

温故知新のエイサーのフェスティバルとなりました!


 

沖縄の北部・中部・南部のエイサーには、それぞれ地域ごとに特徴があります。

たとえば、中部の嘉手納町・千原エイサー保存会(かでなちょうせんばる)は、

メンバーが男性のみで、空手の型を取り入れたエイサーです。


 

南部・八重瀬町具志頭(やえせちょうぐしちゃん/ぐしかみ)のぐしちゃん青年会のエイサーは、

具志頭にゆかりのある作曲家・宮良長包(みやらちょうほう)の名曲『えんどうの花』や

『汗水節(あしみじぶし)』などをエイサー曲にアレンジ。


 

同じく南部・八重瀬町の冨盛青年会(ともり)は、

パーランクーといわれる一番小型の太鼓を使ったエイサーで、

隊列の変化が美しいエイサーでした。

 

パーランクーといえば、中部・うるま市の平敷屋(東)も出演。

 

北部からは、金武町(きんちょう)の金武区青年会が参加し、

エイサー太鼓のほか、鐘も使った演舞が特徴的でした。

 

終盤には、やはり地元沖縄市の青年会エイサーが登場。

越来青年会(ごえく)は、エイサーそのものもカッコいいのですが、

道化師のチョンダラーがユニークな仕草で客を湧かせていました。


 

トリは、山里青年会。総勢120名の大軍団で登場!!

演舞開始前に地謡(じーうてー/三線伴奏者)が客席に向かって「ハイヤ!」「イヤササ!」と

掛け声をコール&レスポンスし、場を充分に盛り上げてから演舞スタート!

山里青年会の特徴は、男気溢れる力強いエイサーが際立っていました!


 

盛り上がりも最高潮のところで、

最後はカチャーシー!

全参加者とお客さんが入り乱れて場内に集結。

皆で一体となって、軽快なカチャーシーのリズムにノリまくり。


 

その直後に、レーザーショー。そして花火が打ち上がり、

今年の沖縄全島エイサーまつりは閉幕しました。

 

来年(2015年)は9月4日(金)・5日(土)・6日(日)に

『第60回沖縄全島エイサーまつり』が開催予定ですので、

今後もどうぞお楽しみに!!

公式HP:http://www.zentoeisa.com/index.php

 

■ 編集部追記
次回は以下の日程で開催予定です。ぜひご参加ください。
< 沖縄全島エイサーまつり>
日程/2017年9月17日(日)
場所/コザ運動公園陸上競技場・胡屋十字路周辺
Webサイト/http://kozaweb.jp/eisa/zentou.html

 

 

沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information