沖縄観光情報:チャーミングな顔立ちにひとめぼれ♡「島次郎工房」の漆喰シーサー

チャーミングな顔立ちにひとめぼれ♡
「島次郎工房」の漆喰シーサー

post : 2014.10.13 21:00

沖縄県中部に位置する読谷村(よみたんそん)。

何もさえぎるものがない空のもと、

横目で青い海を眺めながら

車を走らせてたどり着く住宅街に、

漆喰(しっくい)シーサーを作る

島次郎工房(しまじろうこうぼう)はあります。

 

看板もないし、大きな宣伝もしていません。

それでも雑誌やサイトでひと目見たシーサーの

愛くるしい表情が忘れられなくて

ここまで足を運ぶお客さんがいます。

私も、そのひとりでした。


 

工房におじゃますると大小のシーサーが

ずらりと並んでお出迎え。

漆喰ならではのざらりとした質感と

どこに置いてもすっとなじむ自然な色合い、

何よりユーモラスな表情が特徴で、

くすっと笑ってしまう心和むシーサーです。

 

そもそも漆喰シーサーは、

瓦葺き職人が屋根葺きの仕事をくれた

家主へのお礼に作ったのがはじまりだそう。

作業後にあまった漆喰と赤瓦で作りました。

 

これが赤瓦屋根の上にちょこんとのった

魔除けのシーサーのはじまりです。


 

島次郎工房のシーサーは

混ざりものなしの漆喰100%。

昔ながらの作り方にならって、

大きなシーサーには赤瓦も使われています。

(↑写真は鼻と舌、しっぽと胴体が瓦)


 

手のひらサイズで

こんなに可愛らしいものも。


 

にぎやかな色合いはお土産にぴったり。


 

置きもの以外にも、

風に揺れると珊瑚がカラカラ鳴る風鈴や、

ストラップ、お香たてもあります。


  

くりくりっとした目玉が可愛いこちらは

ガジュマルに宿る沖縄の精霊、キジムナー。


 

バラで買える干支の置きものもあり、

いずれも何か話しかけてきそうな

愛嬌たっぷりの表情が魅力です。


 

緑豊かな庭が見える場所で、

日々シーサー作りに励むのは

中野充都里(なかのみどり)さん。

どんなに忙しくても、

必ずシーサーと向き合う時間を作るのが日課です。

 

ほどよいかたさまで乾かした漆喰で

ひとつずつパーツを作り、組み合わせ、

乾かして色を塗り、また乾かして。

漆喰は中の水分が抜けることで強度が高まります。

だから日々の制作は、天気とにらめっこ。

どんなに小さいものでも1週間はかかると言います。


 

愛らしい表情がどのように生まれるのか尋ねると

「実はあまり考えてないの」という意外な答え。

頭では考えず、手が動くままに作るのだそう。

 

「シーサーを作っている時は無心になれるんですよ。それが心地よくて楽しくて、1日の作業を終えた時には気持ちがすっきりしている。こんな日々の営みが仕事だと思うと幸せだなって」

 

奇をてらうことなく、心のおもむくままに。

作りたいものを素直に作る気持ち、

もの作りを楽しいと感じる心が

誰をも癒すユーモラスな表情を生み出すのかもしれません。


 

今後は昔ながらのシーサーが残る

八重山に行ってみたいという中野さん。

ルーツを探り、大切に保存されているシーサーを巡る旅。

そこからまたインスピレーションがわき、

新たな作品へとつながっていくのでしょう。

 

 

島次郎工房(しまじろうこうぼう)

住所/沖縄県読谷村渡慶次47‐5

電話/098‐958‐4610(9時~11時30分に訪問可能かご確認下さい)

ブログ/http://okashimajirou.ti-da.net/

※訪問できる時間は14時~17時になります。

工房は住宅街にあるので近隣に配慮してお願いします。

 

 

沖縄CLIPフォトライター 小野暁子

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information

読谷村渡慶次47‐5