沖縄観光情報:“世界で最も美しいヤシ”の圧倒的な存在感…石垣島「ヤエヤマヤシ群落」

“世界で最も美しいヤシ”の圧倒的な存在感…石垣島「ヤエヤマヤシ群落」

post : 2014.12.19 12:00

沖縄県は、天然記念物の宝庫です。動物や植物など、

国(45件)や県(52件)指定の天然記念物が、合計97件もあるのをご存知でしょうか?

 

特に八重山には、国の特別天然記念物であるイリオモテヤマネコやカンムリワシ、

リュウキュウキンバトといった絶滅危惧種をはじめ、固有種としてオカヤドカリの数種類、

セマルハコガメ、ヨナグニサンなど、多様な希少生物が生息しています。

 

そんな天然記念物や絶滅危惧種を、一度に2・3ネタ目撃できてしまう(かもしれない)

驚きのスポットが、石垣島北部の米原地区、於茂登岳(おもとだけ)の北東麓にあります。

「ヤエヤマヤシ群落」は、“世界で最も美しいヤシ”とも称される、

国指定特別天然記念物のヤエヤマヤシが、150本ほど自生するエリアです。


 

ヤエヤマヤシは、1属1種のヤシ科の高木で、高さ15~20m・直径20~30cmにも達します。

石垣島と西表島だけに分布する貴重な固有種で、現在、石垣島ではこのエリアのみに残っています。


 

見学自由な林内は、ゆるやかな遊歩道がしっかり整備されているので安心♪

と高をくくっていたら、中は自然光がほとんど届かない、

まさに鬱蒼とした亜熱帯のジャングルそのもの…。



 

異形な植物たちで溢れる林床は、見た目こそ不気味ではありますが、

生物が息吹くには絶好のゆりかごなのでしょう。

実際、国の天然記念物のヤエヤマセマルハコガメの目撃例が多く、

他にも、日本最大の蝶オオゴマダラや、準絶滅危惧動物のイシガキトカゲ、

そして夏には、世界でこの周辺にしか生息していない絶滅危惧種、

“幻のセミ”イシガキニイニイの鳴き声を耳にできるかもしれません。


 

5分程歩けば、メインの観覧場に到着です。

遠目にはわかりませんでしたが、15〜20mといえばビルの5・6Fくらい。

のっぽのヤシたちが、これでもかという程の存在感で、

ゆうゆうと大空に伸び上がった様はまさに壮観!

これほど大きなヤシの木は、他ではお目にかかれないでしょう。



 

マイナスイオンの空気を全身に浴び、一秒ごとに身も心も健やかになるのを感じつつ、

復路に赴いたその時、木陰がカサカサ…。「(ヤエヤマセマルハコガメ登場!?)!」。

気配を感じた方向に目を凝らすと、何やら小さな黒い雛が…。

(後ほど調べたところ)「シロハラクイナ」という種で、

おそらくどこか頭上の巣から落ちたのでしょう…。

間もなく短い一生を終えるであろうことは目に見えていましたが、すべては自然の摂理。

当然、無力な人間は何もしてあげることはできません。

そのまま来た方向にそっと戻し、立ち去ろうとしたところ、

親と勘違いしたのか「ぴぃぴぃ」と、泣き、否、

鳴きながら後を追って来るのでした…。いと切なし…。


 

生命の息吹を感じさせてくれる石垣島の貴重な自然の遺産。

一度訪れてみてはいかがでしょう。

命と命の、思いがけないドラマが待っているかもしれませんよ。


 

 

 

 

ヤエヤマヤシ群落

住所/沖縄県石垣市桴海

料金/無料

P/あり

 

石垣市観光交流協会

電話/0980-82-2809 

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information