沖縄観光情報:宜野湾のアメリカンビンテージ家具屋「PEARL(パール)」

宜野湾のアメリカンビンテージ家具屋「PEARL(パール)」

post : 2014.12.20 12:00

沖縄に移住して家具を揃えようとしていた時に最初に驚いたのは、アメリカンファニチャーの充実度だ。普通のリサイクルショップでも味の出たサイドテーブルがもの凄く安価で売っていたりする。アメリカ文化が身近にある、沖縄ならではの事だ。特に宜野湾市(ぎのわんし)の大山はアメリカンビンテージ家具屋が軒を連ねている。その中でもひときわ目を引くクオリティーの高さと品揃えがとても充実しているのが、58号線沿いにあるファニチャーストア「PEARL」。




アメリカンビンテージが好きな人なら隅から隅まで見渡して何時間でも楽しめてしまうだろう。20`s〜60`sのビンテージファニチャーを中心に、食器、雑貨、衣料品など様々なものを扱っている。




特にランプなどの照明系は、かなりの充実度!価格も本土に比べると、とてもリーズナブルなのも嬉しい。また同じく58号線にある2号店では主婦の方にも楽しんでいただけるようにビンテージやアンティークにこだわらずさらにリーズナブルなアメリカのUSEDを取り揃えている。




19年前に与那原(よなばる)でお店をオープンした当時は米軍払い下げ家具のお店だったが、お客さんのリクエストもあり現在は北欧やフレンチスタイルなどの幅広いテイストを扱うように。その為、年に3回、オーナーの新川さん夫妻が自らアメリカに買い付けに行く。状態の悪いものはオーナーやスタッフの手によって丁寧に補修や塗装をされ、生まれかわって店頭に並ぶ。




中にはヨーロッパからアメリカに渡り、さらに海を超えて沖縄までやってきたアンティークもある。味のあるそのひとつひとつを手に取ると、いままで誰に使われどんな景色を見てここにやってきたのだろう、そんなロマンを感じずにはいられない。ビンテージアイテムの中に紛れて、馴染みながらも個性が際立つのがPEARLオリジナルのラインだ。




ビンテージのパーツ同士を組み合わせて作られた味のあるランプやインダストリアルと呼ばれる欧米で流行している水道パイプなどを使用した無機質なインテリアたちは、とても人気が高く、ブログ等に掲載されるとあっという間に売れてしまい店頭に並ぶ事があまりないという。モノだって一期一会。県外に配送もおこなっているというので、そんな一目惚れするようなビンテージやアンティークに出会ったら自分へのご褒美に送ってみるのもいいかもしれない。





PEARL
住所/沖縄県宜野湾市大山4-2-6
TEL・FAX/098-890-7551 
OPEN/AM11時~PM19時 
定休日/盆・正月
サイト/http://pearl.ocnk.net/


沖縄CLIPフォトライター Sandy

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~
 

Information

宜野湾市大山4-2-6