沖縄観光情報:「PORTRIVERMARKET」のコーヒーとトートバッグ

「PORTRIVER MARKET」のコーヒーとトートバッグ

post : 2015.02.03 12:00

港川ステイツサイドタウンは、整然と立ち並ぶ外人住宅に個性あふれるショップやレストランが入居する"まち"です。
この"まち"にあるその名もPORT(港) RIVER(川) MARKETは、BEAMS出身の麦島夫妻が「自分たちが本当に気に入ったものを」と選び抜いた品物が並ぶ雑貨店。

ユーズドの子ども靴から化粧水、沖縄の伝統工芸、輸入雑貨、絶品のちんすこうまで、幅広い品揃えで、雑貨屋さんならではの"発見する楽しみ"が詰まったお店です。

PORTRIVER MARKETの店内


そんなPORTRIVER MARKETから、お買い物をもっと楽しくしてもらおうと登場したのが、オリジナルのトートバッグ。外人住宅をモチーフにしたロゴマークのまわりに配されているのは、8歳になる息子の路一郎くんが7歳のときに描いた絵です。

オリジナルのトートバッグ


「入り口のドアのガラスに『入ってくる人が楽しい気分になる絵を描いてね』と頼んで描いてもらったんです。お客様に好評だったのでトートバッグにしたら、先日の台風で割れてしまって。幻の名作になりました(笑)」

オリジナルのトートバッグ


子どもらしい、はじけるような笑顔に、思わずほっこり。布地はオーガニックコットンで、「トートバッグというとオフホワイトが多いけれど、汚れが目立つので…」とカラーにはネイビーをチョイス。

軽くて丈夫で折り畳める、ちょっとしたお買い物にぴったりのトートバッグが完成しました。「今後もいろいろな絵柄で出していきたい」と、初回モデルは30個限定です。

オリジナルのトートバッグ


PORTRIVER MARKETのもうひとつのオリジナル商品が、焙煎コーヒー豆。
こちらは、3軒隣にある専門店「沖縄セラードコーヒー」にブレンド・焙煎してもらったものです。

焙煎コーヒー豆


「コーヒーって、会社とかで冷めて酸化してまずくなっているイメージがありませんか?それがないように、冷めてもおいしい焙煎をお願いしました」と麦島さん。

これに加えて、お店のイメージに合うように、とオーダーし、ブレンドとローストを数種類試作してもらって選んだのだそうです。

「2人そろって『おいしい!』と感動し、満場一致で決まりました。歩いて1分もかからない場所で、最小ロット200gから焙煎してくれるので、とにかくフレッシュな状態でお届けできるのが自慢です」

コーヒー


沖縄セラードコーヒーの末吉業人さんによれば、「特別なんだけど気軽な日常使いができるコーヒーがテーマ。華やかで甘い香りと飲み心地の優しさで、コーヒーが苦手な方でも楽しめる仕上がりになっています」とのこと。

洗練されつつ素朴な手触り感もあり、日常をふんわりアップデートしてくれるお店のイメージにぴったりです。

沖縄セラードコーヒーの末吉業人


豆の状態で販売していますが、オーダーすれば挽いてもらうこともできます。その道のスペシャリストの店主たちが、こだわりを大切にしながら、ていねいに商いを営む港川ステイツサイドタウンは、それぞれの個性が、沖縄ならではのゆったりとした時間の中で、混ざり合い、調和している魅力的なまちです。

PORTRIVER MARKET


このまちの空気とつながりの中で生まれるPORTRIVER MARKETのオリジナルグッズには、日々の暮らしをほんのり優しくする力があるように思います。

<関連記事>
PORTRIVER MARKETの他記事はこちら → https://okinawaclip.com/ja/detail/65


沖縄CLIPフォトライター 浅倉彩

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information