沖縄観光情報:石垣島、白保の獅子保存会に密着

石垣島、白保の獅子保存会に密着

  • 体験する
  • 8
  • Clip

post : 2016.09.30 18:00

八重山の旧盆といえば、八重山だけの独特の行事、アンガマが有名です。アンガマももちろん見学にいきますが、もうひとつ毎年必ず足を運んでいる行事があります。それは、白保(しらほ)集落で行われる獅子舞。
 
新石垣空港からすぐの白保集落は、穏やかな海岸に面し、赤瓦屋根と石垣の塀の伝統的な家屋が多く残る、静かで趣のある集落。旧盆の夜、その集落内の家々を獅子舞がめぐって祖先供養をします。旧盆中毎日獅子舞を行うのは、八重山では白保だけ。地域の人たちだけでなく、市街地からも、毎年多くの人が見学に訪れます。
 
 
初めて白保の獅子舞を見たとき、その躍動、大人も子どももその場の誰もが夢中になっている姿、舞わせている男性たちの情熱、そして夜の集落に厳かに響く三線や笛の音、それらすべてに心奪われました。獅子を舞わすのは、見習いの中学生から、熟練の大人まで、“シシブサー”約50人が活動する白保獅子保存会です。いつかじっくり取材させてもらいたいと思って数年。今年の旧盆に叶いました。
 
四つ足で歩く毛むくじゃらの体、息をして動くお腹、呼ばれたら反応し、威嚇もし、まるで感情を持っているかのような様子。ふだんは石垣の山の中で暮らしていて、人里に姿を現してきたかのよう。
 
 
旧盆迎えの日の夕方、1軒の屋敷に続々と人が集まってきます。そこは、“メーレ”と呼ばれる白保の獅子の家元である宮良家。毎年この日にメーレでの儀式で獅子舞がはじまり、また旧盆明けの深夜にメーレで行われる儀式で4日間がしめくくられます。初日の儀式を終えると、獅子舞は招待された家々をめぐりはじめます。今年まわった家は30軒ほど。
 
 
白保の子どもたちは獅子舞が大好き。遅い日は24時すぎまで行われている獅子舞ですが、子どもたちも遅くまで追いかけてまわっています。子どもたちは決まって、獅子の顔の前に指を出して「れーるれ、れーるれ」と獅子を誘います。ちょっかいを出しすぎると、かまれて容赦なく引きずられるのをわかっていて、それを繰り返すヤマングー(いたずらっ子)な男の子たち。それを見て大笑いの大人たち。
 
 
白保の獅子舞には、獅子が赤ちゃんを口からすっぽりのみこんで、そのままお腹から取り出される習わしがあります。子どもの無病息災を願うもので、のまれた赤ちゃんは健康に育つと信じられています。大きな口にのみ込まれて、ぽかーんとしている赤ちゃんもいれば、泣き叫ぶ赤ちゃんもいますが、親たちは笑顔で満足げ。
 
 
会長は五代目となる赤嶺幸一さん。中学3年生の息子の幸太くんは現在見習い中。去年からは親子獅子も披露しています。
 
会の最年長であり、獅子使いを約35年務める宮良裕久さんは、これまでにのませた赤ちゃんは300人にものぼるのだそう。やすぼー兄と呼ばれ慕われる宮良さんは、「しょうごとか、なーかーなんかも僕がのませたんだよ」といいます。なんと、現在会で活躍する青年を、赤ちゃんの時に獅子にのませていて、いまは保存会としてともに活動しているのでした。長間翔悟さんも子どもの頃から獅子を追いかけ、必ずシシブサーになりたいと思い続けてきた少年のひとり。中学生になって会に入り、15年近く保存会として活動しています。
 
中学生から大人までの幅広い年代の人たちがのめり込み、そこまで彼らを獅子舞に駆り立てるものとは。

 
最終日のメーレでの儀式は、広い庭にびっしりの人と、塀のそとからのぞく人たちでいっぱい。もう22時になろうとしているところだけれど、獅子舞のしめくくりを見ようとたくさんの人が集まります。大勢の人たちが見つめるなか、三線の音が響き、獅子が草むらから現れます。
 
 
厳かなだけでなく、子どもも大人も獅子を囃しに飛び出してきたり、とても賑やかにしめくくられました。すべて無事終わり、とても晴れやかな表情の保存会のみなさん。「今年も夏が終わったなぁって感じ」と清々しくもしみじみとする方も。
 
 
儀式の最中、獅子を見つめる宮良さんの目には光るものが。この時、赤ちゃんの頃に宮良さんがのませたふたり、長間さんと宮良央(なか)さんが、シシブサーとして儀式の重要な役割を果たしていたのでした。「白保にとってとても大切なもの」である獅子。それを誇りを持って保存、継承していくみなさん。
 
このあと打ち上げの席で、あいさつを指名された宮良央さんが、4日間を振り返って涙を流しながらあいさつをしました。今年初めて任された、儀式での名誉ある役目。そしてそんな彼を優しい目で見守る先輩方。仲が良くて大家族のようなみなさん。そんな彼らをうらやましくも感じて、あたたかい気持ちになって、満月の夜がふけていきました。
 
 
今回の密着取材は、販売中の八重山のローカル誌『月刊やいま』10月号で12ページに渡り特集しました。ぜひご覧ください!
 
2017年の旧盆は、9月3日から6日。白保の獅子舞は、9月3日から7日まで4日間行われます。民家の庭で行われる獅子舞ですが、庭先におじゃましたり、外からも見学できるので、旧盆中に石垣島を訪れるときにはぜひのぞいてみてくださいね!
 
 
 
関連記事
「石垣島暮らし」石垣島で大ウナギを捕獲!
「石垣島暮らし」石垣島1周ドライブ
「石垣島暮らし」豊かな島石垣島 
 
 
沖縄CLIPフォトライター 笹本真純 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information