沖縄観光情報:那覇唯一のビーチにBBQ等あれこれ楽しめる『波の上うみそら公園』

那覇唯一のビーチにBBQ等あれこれ楽しめる『波の上うみそら公園』

post : 2019.02.19 12:00

2011年、那覇空港と那覇市街地をつなぐ「うみそらトンネル」の開通に伴い、2013年、若狭・辻(わかさ・つじ)エリアの海岸線一帯が、複合型海浜公園『波の上うみそら公園』として整備されました。




那覇空港から車で10分程度で、キャパの大きな駐車場(有料)を2箇所有します。3つのバス停に加えて、『那覇クルーズターミナル』は目の前。何と言っても、市街地を走るゆいレール「県庁前駅」からも徒歩15分程度と、どんなスタイルの旅行者にとってもアクセスの良さが光ります。





主役は、何と言っても那覇市唯一の海水浴場である『波の上ビーチ』。コーラルサンドが眩しい海岸は、巨大な琉球石灰岩を挟んで、(東の)若狭側と(西の)辻&波の上緑地側に分かれていますが、干潮時には歩いて行き来できます(満潮時は、丘を越えて徒歩数分)。






いずれの側にも、更衣室にトイレ、コインロッカー&コインシャワーが設置。また、若狭側にはちょっとした売店もあり、パラソル等のレンタルもスタンバイ。全体に充実のファシリティが自慢です。都市型ビーチとして水質が気になるところですが、2017年度の県調査では、実に最良の「AA」をマーク! 他のビーチにも決して引けを取らない濁りのないエメラエルドグリーンの輝きは、SNS映えもばっちりです!




また、辻側では、SUPやSUPヨガ体験も可能(有料)。その隣、波の上緑地側には、「ダイビング&シュノーケリングエリア」が設けられ、いくつかのコースを堪能できます(有料)。




広大な園内には、他にも様々な見どころ&遊びどころが点在し、マリン系以外のネタも多彩です。中でも、オンシーズンの一番人気が、園内3箇所で楽しめるBBQ(若狭側の波の上ビーチ広場、管理事務所脇の広場と、ダイビング&シュノーケリングエリアの横の海上に出っ張ったエリア。いくつかの業者があり、営業期間等はそれぞれ異なります)。




また、各所に屋根付きの東屋等が点在し、地元住民が憩う姿もよく見かけます。なお、海側に出ると、道路も邪魔しないため、サンセットもバッチリ。夜は港湾の各種ネオンが瞬き、夜景がロマンチックに広がります。




更に、公園外にも様々な施設等が隣接しています。まずチェックしたいのは、若狭側の東端『若狭海浜公園』横、道路上に屹立する那覇市のモニュメント『龍柱』。




また、ビーチ後ろの『旭ヶ丘公園』には、展望台も(但し、海は望めません)。そして、若狭・辻間の高台には、琉球八社のうち第一の位にある由緒正しき神社『波上宮(なみのうえぐう)』が鎮座。




その隣には『波の上護国寺』、更に市街地側には『対馬丸記念館』も控えます。加えて、若狭側の西端にそびえる巨大な建造物『那覇うみそらトンネル三重城タワー』も一見の価値ありです。




その他、周辺各種施設としては、若狭・辻側に飲食店はチラホラ。辻側にはシティホテルも隣接しています。極め付けは、海岸沿いを数百メートル進むと、拝所の『三重城跡』に行き着きます。少し距離はありますが、時間があれば、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。




ちなみに、写真を撮るなら、ビーチは午前中がおすすめです。午後は、天候が良ければ、「那覇西道路」の遊歩道上から光が美しく差し込み、フォトジェニックな画が期待できるでしょう。




そして、お待ちかね!の「海開き」(「海開き」にリンク→ http://okinawaclip.com/ja/detail/292)は、毎年4月第一日曜日。この日を皮切りに、いよいよシーズンがスタートし、公園は俄に活気づきます。まず直後の4月中旬頃には、季節の風物詩とも言える『沖縄国際映画祭』にて、メイン会場の一つとして大いに賑わいます。その後も、今年は5月後半に『沖縄国際トライアスロン2019』が開催決定と、スポーツ大会や音楽フェス等々、年間を通して各種イベントが目白押し! ちなみに、若狭側のクルーズターミナルでは、タイミングが良ければ、大迫力の豪華クルーズ客船を間近に目撃できることも付け加えておきましょう。




海に食にイベントと、これだけ多くのコンテンツを一度に満喫できる公園は、少なくとも那覇市内には他に類を見ません。空港着いたら、10分で美ら海! そんな沖縄ならではの贅沢を、ぜひ一度お試しくださいね。




波の上うみそら公園
住所/沖縄県那覇市辻3-3-1
電話/098-863-7300(管理事務所:ナハ・シー・パラダイス共同企業体)
営業時間(波の上ビーチ遊泳時間)/(7・8月)9:00~19:00・(4~6月&9・10月)9:00~18:00
定休日/無
駐車場/有(有料)
Webサイト/http://www.naminouebeach.jp/

▼関連サイト:
・名実ともに那覇ハンバーガーの一丁目一番地『Maverick(マーベリック)』!
・自転車で那覇まち巡り!
・“音楽・店・人” from “最後のまちぐゎー”『栄町市場』

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

Information

沖縄県那覇市辻3-3-1