沖縄観光情報:世界にひとつだけ。お守りとして身に付けたい「R’sstory(石垣島)」のアクセサリー

世界にひとつだけ。お守りとして身に付けたい「R’s story(石垣島)」のアクセサリー

post : 2020.05.25 12:00

私たちに癒しや活力を与えてくれる海。沖縄の離島、石垣島(いしがきじま)へ行ったことがある方は、心を奪われるような美しい海に感動されたのではないでしょうか。

島内の夕日スポットとして知られているサザンゲートブリッジの近くにお店を構える「R’s story」のオーナー 中村 玄斗(なかむら げんと)さんは、そんな石垣島の海に魅せられて1994年に石垣島に移住しました。ダイビングスクールを卒業後、インストラクターとして活動をしていた中村さんは、思わぬ事故で大きな怪我をしてしまいました。子どもの頃から夢だったというダイビングインストラクターの職を失い「絶望のどん底に突き落とされたようだった」と話します。




そんな中村さんがアクセサリーの世界に興味を持ちはじめたのは、長期に渡る治療期間中でした。考古学者である父親から「国内最古の装飾品は貝製のビーズで、発見されたのは沖縄だった」ことを知らされたことがきっかけだったそうです。




中村さんは、琉球時代以前から八重山(やえやま)地域でお守りとして使われてきた貝について調べるようになり、「太古の人たちが身に付けていた装飾品の真意を、現代人に伝えていきたい」とお店をオープン。店名「R’s story」のRには、Ryukyu(琉球)、Roots(起源)、Renaissance(復活)、Romance(伝奇)、Reality(真実)という5つの意味が込められています。




中村さんは、石垣島を代表する自然素材を使ってオリジナルアクセサリーを製作しています。主に使用しているのは「身を守る力がある」と言い伝えられてきた蝶貝と、魔除けのお守りとして使われてきた夜光貝。螺旋で先の尖った模様と形は「悪いもの(邪気)を寄せ付けない」と言い伝えられていたそうですが、その代表的な貝が夜光貝なのだそうです。昔から語り継がれてきた意味を大事に、「おしゃれだけでなく、お守りとして身につけたくなるアクセサリーを目指しています」と中村さんは話します。






天然の貝を削り、磨き上げたアクセサリーは世界にひとつだけ。色合いも模様も微妙に変わるため、ふたつとして同じものはありません。扱っているアクセサリーは季節を選ばず身につけることのできるものが多く、購入者からは「カジュアルからキレイめのファッションまで、様々なシチュエーションで合わせやすい」と好評です。




八重山の夜光貝は滅多に採れないそうで、年々希少価値が高くなっているそうです。「今すぐ石垣島には行けないけれど、R’s storyのアクセサリーが気になる」という方は、ぜひオンラインショップをチェックしてみてください。

昔から語り継がれてきた八重山の大切な宝物に触れ、石垣島に思いを馳せてみませんか?


R’s story
住所/沖縄県石垣市八島町1-7-5 サザンワールド1F西
電話/0980-87-6199
営業時間/9:30〜19:30
オンラインショップ/https://www.creema.jp/c/rs-story/item/onsale

画像提供:R’s story
沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県石垣市八島町1-7-5 サザンワールド1F西