沖縄観光情報:石垣島最西端「御神崎」の知られざる魅力…“いつ行くべきか?”の答えがここに!?

石垣島最西端「御神崎」の知られざる魅力…“いつ行くべきか?”の答えがここに!?

post : 2014.11.29 12:00

川平湾玉取崎展望台平久保崎灯台…。名うての景勝地が点在する石垣島でも、

“一番好きな場所”として挙げる人も少なくない、

それが「御神崎(うがんざき/おがんざき)」です。


 

では一体どこにその魅力があるのでしょうか?

 

石垣島最西端に位置する岬で、シンボルの白い灯台から広がる絶景は、

息を呑むばかり…。標高約37mの高台からは、天気さえ良ければ、

西方20km程先の雄大な西表島がダイナミックに迫ります。


 

足元に目をやると、まさに断崖絶壁…。存在感抜群の巨岩やゴツゴツした岸壁に、

寄せては返す荒波は、穏やかな八重山の海のイメージとはおよそかけ離れた、

大海原の力強さを感じさせてくれます。


 

加えて、昭和27年にあった海難事故の慰霊碑と菩薩像も建立されており、

どこかもの悲しさも感じさせます。この独特な情緒も、御神崎ならではではないでしょうか。


 

逆に、アダンが生い茂り、芝生も爽やかな南側は、

なだらかな丘の先に天然のビーチが数百mに渡って広がります。

満潮時には、発達したサンゴ礁の上を、

サーファーが気持ちよさそうにプカプカしていることも。

開放感に満ちた突き抜ける光景に、心が洗われる気がします。


 

ただ、これだけでは他の景勝地を凌駕するとは到底思えません…。

しかし、実は御神崎にしかない、オンリーワンのネタが、3つあります。

それは、“いつ行くべきか?”に、根本的に関わってくるもの。

誰でもトライできる[初級編]から、ある程度旅程の調整が必要な[中級編]、

そしてまさにピンポイント!な[上級編]までをご紹介しましょう。

足を運ばれる際は、ぜひともご参考に。

 

[初級編]

そうです。西端とくれば、もちろん夕陽です。

石垣島No.1サンセット・スポットとして名高く、夕暮れが近づくに連れて、

多くの人が集います。天候さえ良ければ、通年楽しめますので、

ぜひ午後遅めの時間に足を運び、日中の景色も目に焼き付けつつ、

刻々と変わりゆく美しさを堪能して下さいね。


 

[中級編]

シーズナル的なトピックスとしては、初夏(4〜5月頃)、

無数のテッポウユリが咲き誇り、暑い夏の始まりを告げてくれます。

起伏のある丘上を埋め尽くす様は、まさに壮観の一言!

文字通り、年間をとおして、最も“華のある”風景を楽しめるのがこの時期です。


 

[上級編]

そして極めつけは、灯台の一般公開です!

今年は、11月1日の「灯台記念日」に合わせて、普段閉まっている扉が開かれました。

高さ17m、多くの人がこの日だけの貴重な絶景ビューを満喫しました。

但し、管理する石垣海上保安部によると、毎年開催とは限らないので、

HPなどでマメな情報チェックがオススメです。



(以上2点写真提供/石垣海上保安部)

 

と、時期や日にち、時間によって、通常とは全く異なる表情を見せてくれる…、

それこそが御神崎の知られざる魅力なのです。


 

 

 

御神崎

住所/沖縄県石垣市崎枝

 

石垣海上保安部

HP/http://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/ishigaki/

 

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information