沖縄観光情報:マリンブルーの海を走り抜ける爽快なドライブコース「海中道路」

マリンブルーの海を走り抜ける爽快なドライブコース「海中道路」

post : 2015.02.26 21:00

 

「海中道路(かいちゅうどうろ)」は、

本島中部にある与勝半島(よかつはんとう)と

金武湾(きんわん)に浮かぶ

平安座島(へんざじま)を結ぶ全長4.75㎞の道。

 

両サイドに広がる青々とした海を眺めながら

ぶーんと走り抜けるドライブは気分爽快!

沖縄でも人気のスポットです。


 

中間地点には、ショッピングと食事を楽しめる

海の駅「あやはし館」が、どどーんと鎮座。

外観はその昔、物資運搬に使われた木造の船、

マーラン船をかたどったものです。


 

あやはし館の1階には、

シークワーサーポン酢や伊計島の黄金芋などの

おみやげに最適な物産品が並び、

その奥には、海を眺められるレストランも。


 

2階にはマーラン船にまつわる資料を常設展示し、

地域の歴史や海に関する知識を深められる

「海の文化資料館」があります。


 

デッキに出れば、金武湾を一望!

海中道路で一番高い場所から眺める

透明度の高い海は最高ですよ。


 

そんな海中道路、今でさえ観光スポットとして

知られていますが、その建設は、

平安座島の歴史そのもの。

完成までには長い道のりがありました。

 

海中道路が建設される前の

平安座島と本島をつなぐ交通手段は、

干潮時の浅瀬を徒歩またはトラックで渡るか、

満潮時に船で渡るかのいずれか。

その不便さに、島の人々は

日に日に海中道路建設の思いを強めていきます。


 

そうして1961年にはじまったのが、

自力で道路を建設するという試み。

なんと掘り起こした島の石を人力で運び、

海に落としては道路の基礎造りをはじめたのです。

 

あまりにも途方もない作業。そこには島の人々の

何としてでも陸続きでつながりたいという

切なる思いがありました。

 

途中で台風に襲われながらも、ようやく1966年に

コンクリート製の210mの道路が完成します。

そんな中で浮上したのが

アメリカの石油会社の誘致問題。

人々は平安座島への進出を要請し、

石油ターミナルと製油所の建設が決定します。

その見返りとして石油会社負担で建設されたのが海中道路なのです。


 

この歴史を知った日から、

海中道路から眺める海の青がいっそうまぶしくなりました。

平安座島の人々の熱い思いなくしては

この景観を見られなかったかもしれないからです。

 

ほぼ中央には砂浜が広がるビーチもあり、

暑い時期は海水浴も楽しめる海中道路。

歴史を見つめながら渡ると

その美しさが、よりいっそう心に焼きつくかもしれません。

 

 

◆海中道路(かいちゅうどうろ)

住所/沖縄県うるま市与那城屋平

 

◆海の駅あやはし館

住所/沖縄県うるま市与那城屋平4(1F)

電話/098‐978‐8830

営業/9時~19時(冬季は18時まで)

休/年中無休

 

◆海の文化資料館

住所/沖縄県うるま市与那城屋平4(2F)

電話/098‐978‐8831

営業/9時~17時(入館は16時30分まで)

休/月曜日(祝日の場合は翌日休)・祝日(6月23日も含)の翌日

 

 

沖縄CLIP編集部(文と写真・小野暁子/写真・具志堅大樹)

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information