沖縄観光情報:くぅーすの杜忠孝蔵(ちゅうこうぐら)後編

くぅーすの杜 忠孝蔵(ちゅうこうぐら)後編

post : 2015.03.23 23:00

 

(前編はこちら

泡盛酒蔵の見学へ行く!「くぅーすの杜 忠孝蔵」後編

 

泡盛に縁遠かった私が、沖縄に遊びに来たのんべえの先輩に連れられて、初めての酒蔵見学へ。

向かったのは1949年創業の「くぅーすの杜 忠孝蔵(ちゅうこうぐら)」。

窯を見て蔵を見て、ようやくお目当てのマンゴー酵母仕込みの泡盛とご対面。

酒蔵見学【後編】は、試飲するところからスタートです(【前編】はこちら)。

 

************************************

 

 

さてさて待ってましたの試飲タイム。

忠孝蔵では約30種類もの銘柄を飲めるそうで、ずらり並ぶ泡盛を前に目が泳ぐ泳ぐ(笑)

けれど、ここは初志貫徹。

酒びんの陳列をくぐり抜けて向かうはマンゴー酵母仕込みの泡盛だ。


 

飲み慣れていないなら「まずは水割りで」と案内役の玉城さん。

前回も記したが、沖縄で泡盛を飲むなら水割りが定番。

理由は、食事中もその後もえんえんと飲み続けるからだという。

なにせ長丁場。アルコール30度の泡盛をロックやストレートで飲むと長時間はもたないし、

食事に合う度数というのも、15~20度なのだそうだ。

 

忠孝蔵では、酵母や仕込み法、度数の違うおすすめの9銘柄を、

味や香りが最もわかる20度の水割りで用意している。

同じ度数で飲んでこそ、味比べしやすいためだ。


 

早速すすめられたマンゴー酵母仕込みの泡盛、「三年古酒」をいただくことにした。

古酒(くーす)とは、泡盛を三年以上寝かせたもの。熟成させた酒である。

 

初めに43度という原酒のにおいをかいで驚いた。

細いびんの口からふわり漂うのは、甘やかなバニラの香り。

まるでケーキのようなのである。

 

「え、これが泡盛ですか?」

 

目をぱちくりさせる私に

「それこそがマンゴー酵母の特徴なんです」と玉城さん。

 

隣でのんべえの先輩は、したり顔だ。


  

そして、ひと口ふくんでまたまた驚いた。

舌にのせ、さらりと広がるやわらかな甘み。

飲んでなお余韻を残す、丸みのある香気とふくよかな旨み。

予想していたものとはまるで違う。

 

「お、おいしい。しかも飲みやすいっ」

 

沖縄移住前、泡盛といえばロックで飲み、のどがかーっと焼けていた。

それが水割りにしたとたん、こんなにも旨みを感じるなんて……

 

「これならくいくいっといける!」

 

かくして「泡盛=強くてクセのある酒」の方程式はガラガラと崩れさった。

強いのではなく、自分に合わない飲み方をしていただけだった。

年月を重ねた古酒ほど、クセがあるという思い込みも大間違い。

泡盛は熟成すればするほど甘くまろやかになっていくのだ。


 

マンゴー酵母には、古酒の特徴である甘い香り成分、「バニリン」のもととなる「4‐VG」が、

従来より10倍以上も含まれるという。

つまり、この酵母で仕込むと、甘く口当たりがやわらかくなるのが早いのだ。

 

だから、新酒と3年寝かせた古酒を飲み比べると味も香りもかなり違う。

たった3年でこれだけ変わるのが、マンゴー酵母の特徴なのだ。


  

泡盛に対する勝手な思い込みがどんどん崩れていく横で、先輩はニヤニヤしながら試飲をしていた。

それは10年前と変わらぬ笑顔と飲みっぷり。

言葉より態度でいつも大切なことを教えてくれた。

 

「まずは飲んでごらん。泡盛を飲まないなんて、もったいないよ」

 

心の声が聞こえたようだった。


 

そこからは負けじと試飲に参戦。

他の銘柄も飲み比べていくと、その味の違いに驚くばかり。

たいていどれも似たようなものだと思ったら大間違いなのだ。

 

「忠孝蔵では酵母、麹、度数、熟成期間が違う泡盛をたくさん置いているんです。

だから味の振り幅が広くて個性が出る。泡盛初心者の方、詳しい方、

誰もが好みの1本を見つけられるように味にバリエーションをもたせています」と玉城さん。


  

そして最後にいただいたのは、五年、十年、十五年の古酒を味わえるセット(有料)

 

熟成を重ねた古酒は水で割らず、小さなおちょこでなめるように味わう。

しかも空気に触れるうちに味がどんどん変わっていくという。

それがまた泡盛の楽しさ。奥深さ。

 

あぁ、なんだろう。この爽快感と幸福感は。

縁遠い酒だと思って、こちらからぴしゃりと閉めていたシャッターを

ガラリと開けてもらい、縁をつないでもらった心もち。

目の前が晴れやかだ。

 

百聞は一見、いや一献にしかず。

新たな扉を開いてくれた先輩に感謝である。


 

三年古酒はとろりとして、甘いお酒が好きな方には飲みやすいと思う。

寝かせるほどに、甘みや香りが変化するのも楽しみだ。

 

もし忠孝蔵まで行く時間がない方は、国際通りにあるHAPINAHA(ハピナハ)内の「

忠孝マイブレンドショップ」もおすすめである。

 

5つの泡盛のテイスティングを行い、自分だけのオリジナルブレンドを作れるのだが、

そのひとつがマンゴー酵母仕込みの五年古酒なのだ。

こちらで試飲しつつ、味比べをするのもお楽しみ。

 

泡盛ならではの奥深い世界を味わってほしい。

 

 

くぅーすの杜 忠孝蔵(ちゅうこうぐら)

住所/沖縄県豊見城市名嘉地132

電話/098-850-1257

時間/9時~18時

定休日/無休

http://www.chukogura.com/

*酒蔵見学最終受付17時

 

忠孝マイブレンドショップ

住所/沖縄県那覇市牧志2‐2‐30「HAPINAHA」1階

電話/098‐866‐6710

時間/10時~22時(最終受付21時)

定休日/無休

 

 

沖縄CLIPフォトライター 小野暁子

 

 

 

 

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

豊見城市名嘉地132