沖縄観光情報:ガイドと歩く「那覇まちま〜い」で、首里城周辺を巡る旅(那覇)

ガイドと歩く「那覇まちま〜い」で、首里城周辺を巡る旅(那覇)

post : 2020.01.20 18:00

那覇市内には魅力ある観光スポットが点在しています。定番の人気観光地から、あまり知られていない穴場まで見どころは満載。そんな那覇を観光する方におすすめなのは「那覇まちま〜い」。「まちま〜い」とは沖縄方言で「町を散策する・町巡り」という意味で、歴史や文化に詳しいガイドが、ローカルネタを交えながら那覇の町を案内する人気ツールとなっています。




第一牧志公設市場(現在は建て替えのため移転)を中心に広がるアーケード街を散策して沖縄の食・生活文化に触れる「那覇の市場(マチグヮー)迷宮めぐり」をはじめとして、やちむん(焼物)の町である壺屋(つぼや)を巡る「壺屋のツボ〜やちむん通りとすーじぐゎーめぐり」、那覇市のメインストリートである国際通りの裏道を散策する「国際通りのワキ道ヨコ道ウラの道」、かつて王家最大の別邸であり、外交接待の場や国王一家の保養に利用された識名園(しきなえん)を歩く「世界遺産 識名園 魅力と謎」など、コースはいろいろ。




今回は、1429年から1879年までの450年間、琉球王国の中心的な城で、政治・文化の中心だった「首里城」の周辺を歩く「首里城物語り」をご紹介します。このコースは、約60分かけて首里城公園内をまわります。






「琉球は礼節を重んずる国である」ということを意味する「守礼之邦」と書かれた扁額がかかっている「守礼門(しゅれいもん)」をくぐり、先へ進むと左手に見えるのが「園比屋武御獄石門(そのひゃんうたきいしもん)」。




園比屋武御獄石門は1519年に創建された門で、国王が外出する際に安全を祈願した拝所です。




その後、歓会門(かんかいもん)、瑞泉門(ずいせんもん)、広福門(こうふくもん)、首里森御嶽(すいむいうたき)へと案内してもらいます。




城内最大の信仰儀式の場所である「京の内(きょうのうち)」入り口を通り、敷地内で最も眺めが良い場所と言われている「京の内アザナ」「西(いり)のアザナ」へ。西のアザナは標高約130m。那覇市内を見渡すことができ、よく晴れた日には慶良間諸島が一望できます。気持ちの良い風に吹かれながら、しばしまったり。




お土産ショップが立ち並ぶ「首里杜館(すいむいかん)芝生広場」で解散になります。この日は、昭和55年に首里城を訪れてから首里城のファンになったという50代の男性と、30年ぶりの沖縄旅行を楽しみにいらっしゃったという50代のご夫婦が参加されました。

歴史が好き、沖縄が好き、何となく…。参加理由は人それぞれですが。参加理由は人それぞれですが、那覇まちま~いでは、「目に見えない深い歴史」から「現在の首里城」まで、お客様が楽しめる視点でコースを作成しており、参加をきっかけに違う角度から沖縄を感じることが出来ます。
あなたもガイドと一緒に「まちま~い」してみませんか?

現在、大きな被害を受けた首里城の復興に向けて、様々な支援活動や募金活動が行われています。私も沖縄県民として、1日でも早く再建が進むよう心から願っています。


【ガイドと歩く那覇まちま〜い】
料金/大人(中学生以上)1,000円、小人(小学生)500円 ※料金は2020年1月現在
集合場所/首里城公園内首里杜館地下1階 総合案内所前にある赤いポスト前
出発時間/9:30、14:00
お問い合わせ/098-860-5780(9:00〜17:00)
サイト/http://naha-machima-i.com


沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

首里城公園