沖縄観光情報:おいしい宮古グルメを満喫!おすすめのグルメスポット5選

おいしい宮古グルメを満喫!おすすめのグルメスポット 5選

  • おすすめ
  • 21
  • Clip

post : 2015.08.21 12:00

おいしいを満喫する宮古島の旅

沖縄で人気の高い離島と言えば、やはり宮古島ではないでしょうか!伊良部大橋が開通したこともあり、ますます訪れる人が増えている宮古島。東洋一と絶賛されるほど美しいビーチ、そして景色スポットが多数あり、沖縄本島とは違った魅力を楽しむことが出来ます。 今回は、宮古島旅行を計画している方にお薦めしたい飲食店を5軒ご紹介したいと思います。

①宮古島産牛肉100%のパテを挟んだボリューミーなハンバーガー

まず最初は2011年にオープンして以来、宮古島には欠かせない存在となった『DOUG'S Burger(ダグズ・バーガー)』をご紹介しましょう。オーナーは宮古島を愛するダグラスさん。東京生まれカリフォルニア在住、本業は弁護士というダグさんが宮古島の魅力に魅了されたのは、趣味の釣りがキッカケだったと言います。初めて釣れたのは8cmほどの小さなキス。それから長い年月をかけてターゲットのサイズが大きくなり、ついには巨大なキハダマグロに。実は、宮古島は一年中釣りが楽しめる釣り天国なのです。

DOUG'S Burger(ダグズ・バーガー)

すっかり宮古島の魅力に魅せられたダグさんはあることに気が付きました。それは「宮古島の食材を使ったランチが食べられるところが少ない」ということでした。そしてオープンしたのがDOUG'S Burgerだったのです。宮古島産牛肉100%のパテを挟んだハンバーガーはふっくらジューシーでボリューム満点!宮古島近海で一本釣りされたキハダマグロを挟んだツナステーキバーガーも人気です。ビールやカリフォルニアワインと共にお楽しみください。

宮古牛を使ったパテ

DOUG'S BURGERの詳細情報

住所/沖縄県宮古島市平良下里1153-3-101
電話/0980-79-0930
DOUG'S BURGERの詳細情報はこちらから>>

②小さなパン屋さんで買うことの出来る大きな幸せ

オープン2周年を迎えた『モジャのパン』は子どもからお年寄りまで幅広い年齢層から支持され、地域に密着したパン屋さんです。開店前に焼いたパンは開店後1時間ほど売り切れてしまうため、店主の室上智宏さんは販売をしながらパン作りを同時にこなし、手を休めることはありません。「出来立ての美味しいパンを味わってもらいたい」という思いから、一度に大量に作ることはしないと言います。

子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に人気のモジャのパン

北海道産小麦・奄美産の砂糖・フランスのゲランドの塩・牛乳・特選カルピスバター、そしてイースト菌を使い心を込めて作られたパンは小麦の風味がダイレクトに感じられ、どこか懐かしい味に心がホッと和らぎます。

素材にこだわったパン

定番のちょこぱん、あんぱん、そしてシンプルなまるぱんの他に日替わりパンもありますのでお楽しみに。営業時間は11時から15時ぐらいまで。宮古島滞在中にぜひお立ち寄りください。

素朴なパン

モジャのパンの詳細情報

住所/沖縄県宮古島市平良東仲宗根20
電話/090-3977-6778
モジャのパンの詳細情報はこちらから>>

③宮古牛を使ったタコライス、そして食後には焼き立てのワッフルを!

人気シュノーケルスポット、砂山ビーチの入口にお店を構える『スナヤマカフェ』は場所柄ビーチ帰りの人や地元の常連客も多く集まる憩いの場的存在です。広々とした店内でゆっくり過ごせるように、と一席一席の間がゆったり取られており、 隣を気にせず思い思いの時間を過ごすことが出来ます。

スナヤマカフェ

フードメニューはピザ生地から作る自家製ピザやチキンココナッツカレー、そして「宮古牛タコライス温玉のせ」が中でも人気です。可能な限り地産地消にこだわり、タコライスに使うミンチは旨みの濃い宮古牛!地元でもなかなか入手することが難しい希少なお肉です。とろーり半熟卵とシャキシャキ食感の野菜、そしてチーズ、ピリッと辛いチリパウダーがトッピングされたタコライスは美味しさも栄養バランスも申し分ありません。

タコライス

食後のデザートやおやつタイム、もしくは軽食で済ませたい方にお薦めなのは「焼き立てワッフル!」。卵の優しい香りが口一杯に広がるふんわり食感のワッフルもぜひ!

焼き立てワッフル

スナヤマカフェの詳細情報

住所/沖縄県宮古島市平良字荷川取655-2
電話/0980-79-0550
スナヤマカフェの詳細情報はこちらから>>

④沖縄素材を使ったイタリア仕込みのジェラート

宮古島で本場イタリアにも負けないジェラートがいただけること、ご存知でしたか?生まれは東京、修行先はイタリアという前納豊(まえのゆたか)さんのお店『リッコジェラート』では宮古島の恵みをふんだんに使ったジェラートをいただくことが出来ます。

リッコジェラート

宮古島産のササゲ豆を使った「黒あずき&ミルク」、マンゴーとパッションのバランスが絶妙な「マンゴー」、宮古島の名人が作るちんすこうが入った「シナモンちんすこう」、宮古みそを練り込んだ「宮古みそちんすこう」、そして宮古島の紫芋を使ったものや、泡盛を使ったものまで種類は様々。「1種類に決めるなんて無理」という方は3種類のジェラートを選ぶことの出来るトリプルがお薦め。


「いちばん美味しい状態でジェラートを食べてもらいたい」という思いから、毎朝仕込むのはその日の分だけ。ミルク本来の甘さや旨みを出すため、ミルクは宮古島のしぼりたての生乳をお店で低温殺菌していると言います。島の旬の食材を使うので、その日その日でメニューは入れ替わることも。季節ごとに通いたくなってしまう一軒です。

季節限定のジェラートもぜひ

リッコジェラートの詳細情報

住所/沖縄県宮古島市平良字下里550
電話/0980-73-8513
リッコジェラートの詳細情報はこちらから>>

⑤食べればみんなお金持ち!??

最後にご紹介するのは、観光客からも地元の人々からも愛されている『古謝本店』です。こちらはなんと創業昭和7年(1932年)!!宮古島最古の沖縄そば屋さんです。多くの人がオーダーする看板メニューは「うやきそば」。うやきは宮古方言で「裕福」「お金持ち」を意味することから「食べるとお金持ちになる」と言われています。

うやきそば

ソーキ、軟骨、てびち、そして三枚肉がのったゴージャスな1杯。豚、カツオをベースに、昆布、シイタケ、じゃこなどをじっくり煮こんだスープは、あっさりとしていながらも濃厚なうまみが浸透しています。麺は宮古島でな有名な「古謝製麺」の太めのストレート麺。喉ごし爽快でスルスルとお腹におさまっていきます。

太めのつるつるストレート麺

古謝本店の詳細情報

住所/沖縄県宮古島市平良字西里165
電話/0980-72-2139
古謝本店の詳細情報はこちらから>>



宮古島の美味しい飲食店を5つご紹介しました。いかがでしたか?旅の最大の楽しみは「食」と言っても過言ではありません。宮古島滞在中、たくさんの美味しいものに出合えますように。



◎ 宮古島の絶景スポットはこちらで紹介しています。




沖縄CLIP編集部


沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

 

Information