沖縄観光情報:沖縄旅行でデトックス!3泊4日で行くヨガトリップのススメ【PR】

沖縄旅行でデトックス!3泊4日で行くヨガトリップのススメ【PR】

  • 体験する
  • 18
  • Clip

post : 2016.02.24 06:00

都会の喧騒から離れて、大自然に囲まれた沖縄へ、ヨガの旅に出かけませんか? エメラルドグリーンに輝く海を望むビーチで、または、厳かな空気と緑溢れるパワースポットで。お気に入りの沖縄を見つけたら、そっと目を閉じ、瞑想してみましょう。きっと、いつものヨガより高いリラックス効果が得られるはず。


今回は3泊4日で行く、沖縄ヨガトリップの過ごし方をご紹介します。

【1日目】朝ヨガ+沖縄県産素材の発酵ドリンクで身体の中からキレイに。

初日の朝は、沖縄のやわらかい陽の光を浴びて、贅沢に朝ヨガからスタートしましょう。目を閉じると、遠くから聞こえる穏やかな潮騒や、肌にやさしく当たる風、そしてその風に揺れる木々の音…。まるで自分が自然と一体化したような感覚になるのを楽んでください。

朝ヨガでリラックスした後は、話題の発酵ドリンクを求めて、沖縄本島南部までドライブ。沖縄県産の有機栽培野菜や季節のフルーツを使った発酵ドリンクは、代謝や排泄機能を高めるとあって女性に大人気。ヨガで浄化した身体に発酵ドリンクをプラスして、身体の中からキレイになりましょう。

カフェ「ビン food cafe 'eju(イージュ)'」では、沖縄県産の食材を使った発酵ドリンクやランチのほか、可愛らしい瓶のパッケージに包まれたジャムやピクルスなども販売もしています。友だちへのお土産にいいかも!

< 沖縄で過ごすヨガトリップ1日目 >

朝ヨガ+沖縄県産素材でデトックス」の詳細はこちら>>

【2日目】パワースポットを巡り、沖縄の大地を味わう。

2日目は美しい景色が広がる海中道路を経由して、浜比嘉島へ。目指す場所は、神秘のパワースポット「シミルチュー」です。琉球開闢祖神、アマミチューとシルミチューが居住した場所として伝えられている洞窟のなかで、子宝の授かる霊石(鍾乳石)がひっそりと佇んでいます。

ここで少し身体を伸ばしてみましょう。清らかな空気の中で深呼吸をすると、自然と身体にエネルギーが満ちてくるのを感じるはず。

大地のエネルギーを感じた後は、身体にやさしい定食を求めて1時間ほど車を走らせます。金武町にある落ちついた雰囲気の古民家カフェ「がらまんじゃく」の定食を彩るのは、太陽の光をたくさん浴びて育ったゴーヤーや島にんじん、沖縄ならではの葉野菜など、自然の恵みあふれる食材ばかり。素材の味が生かされた、生命力を感じる逸品です。

< 沖縄で過ごすヨガトリップ2日目 >

パワースポットを巡りと沖縄の長寿定食」の詳細はこちら>>

【3日目】やんばるロハスの乗馬体験とサンセットヨガで自然のエネルギーを感じる。

最終日は手付かずの自然が残るやんばるを目指して北上します。深い森の先にあるお楽しみは、プライベートリゾート「やんばるロハス」での乗馬体験。やんばるの緑と有銘(あるめ)湾のブルーのコントラストが美しい、絶好のロケーションが魅力です。

やさしい目をした馬の背中で心地よい揺れを感じながら、30分ほどお散歩。土や緑の匂いに囲まれて馬と触れ合う時間は、心を穏やかにしてくれます。

夕日で空が鮮やかに染まる頃、宿に戻って最後のヨガの時間。エメラルドグリーンの海も、空と同化し、美しいサンセットを飾ります。呼吸と一緒にゆっくりこれまでの旅を振り返り、新たに迎える明日への気持ちにリセットしていくのです。

まだまだ尽きない!沖縄で過ごすヨガトリップの魅力。

この続きは、沖縄のスポーツ旅情報サイト「Sports Islands OKINAWA」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

 

沖縄CLIP編集部


*この記事は、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営する「Sports Islands OKINAWA」のスポンサード記事です。*

 

Information