沖縄観光情報:ハイセンスな大人のDJパーティ「エロオトナイト.」

ハイセンスな大人のDJパーティ「エロオトナイト.」

  • イベント
  • 68
  • Clip

post : 2016.08.27 18:00

 
ふだんは人情味あふれる飲み屋街を主戦場としている私ですが、ふとした瞬間に、とある衝動が訪れることがあります。それは、「おしゃれな気分になりたい」というもの。本当におしゃれな人々は、当たり前すぎて決してそんな気分にはならないのだろうなあ、と、見えない隔たりに遠く目を細めつつ、「たまにはいいじゃない」と、気後れする自分をなだめすかして(笑)本当におしゃれな人々が集うイケてる大人のパーティにお邪魔してきました。
 
ドレスコードはレッド&ブラック&ゴールド。カメさんもおめかししてました。
 
19時ぴったりに到着したそのイベントの名は「エロオトナイト」。Made in Okinawaで高い評価を受けているデザインアイテムといえば「ペーパージュエリー」ですが、行ってみるとエロオトナイトのオーガナイザーのおひとりは、これを世に出した「VIVACE」のオーナー伊是名淳さんでした。エントランスでコヒーバをくゆらせるその佇まいに、のっけからおしゃれな気分に。ちなみに、もうおひとりは、沖縄を代表するアパレルブランド『YOKANG』の田仲洋さんです。(そりゃ、おしゃれなわけだ。)
 
 
気後れしていたので写真を撮り損ねましたが、伊是名さんはペーパージュエリーを男性向けに発展させたペーパーウォレットチーフを、胸ポケットにしのばせておられました。こういう今までにない発想が生まれることと、こういう粋な夜遊びは同じところに根っこがあるんだろうと思います。
 
 
フロアには、そのペーパージュエリーをデザインした古堅ちひろさんの姿も。お話してみると、これから代官山を拠点にお仕事を展開するそう。上京して著名女性フォトグラファーの弟子になるのだという写真家の卵の女性とも出会い、その情熱と行動力に胸を打たれることしきり。沖縄のクリエイティブシーンが白熱していく予感しかしません。
 
 
貸し切りとなっていた会場のお店「CENTRO」、とっても素敵でした。いつもは口をついて出てくる「ハイボールおかわり」のひとことが引っ込むおしゃれなカウンターに、酔いとともに深く沈みこめるヴィンテージレザーのソファ席。カウンターの向こうの笑顔もやわらかく、きっとふだんも、とても居心地がいいお店です。思いのほか長居してしまったのは、そんな笑顔とともに手渡された自家製リモンチェッロ(ハイボールではなく)をおかわりしたからだと思います。 
 
 
気づけば店内は超満員。お酒と音に心地よく酔ったゴキゲンな大人たちが道に溢れ出し、カウンターにはテレビで見たことのあるお顔がちらほら。友人・知人がごろごろ。最初の気後れは亜熱帯の彼方に溶け出して、真夏の夜は更けていきました。もちろん、沖縄CLIPフォトライター仲間のSandyとも遭遇。もはやルーティン。酒場でばったり会ってもちっともびっくりしません(笑)逆に、ばったり会わないと元気にしているのか心配になるぐらいです。
 
 
夢も仕事も両方持った大人同士の素敵な出会いと、大人が嗜む軽妙洒脱な音が満ちるエロオトナイトは、大人になるのも悪くないと思わせるかなりオススメなパーティです。次回vol.5は11月26日。わたしは気後れして行けないかもしれませんが、Sandyは必ずいると思います。沖縄のカッコいい大人に出会いに、足を運んでみてくださいね。
 
 
CENTRO
所在地/沖縄県那覇市泉崎1-5-13 仲栄真ビル 1F
電話/098-943-1345
営業時間/[月~木]18:00~翌1:00(L.O.24:00)
[金・土]18:00~翌5:00
定休日/日曜(月曜日が祝日の場合、日曜営業・月曜休み)
エロオトナイト公式facebookページ/https://www.facebook.com/erootonight/
 
 
沖縄CLIPフォトライター 浅倉彩
 
 
関連記事はこちら
那覇は昼飲みがアツいんです。 
「泡盛倉庫」という名前のBarがあります。 
ゆいレール牧志駅徒歩0分の沖縄発ファッションカルチャー「蔡温(さいおん)ストリート」 
なおみねーねーの人情酒場「山羊料理さかえ」
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県那覇市泉崎1-5-13